OKI Lab

     Kyoto Univ

menu

鄒さんと沖さんが ChIP-Atlas をメジャーアップデートし、Bisulfite-seq と ATAC-seq データの閲覧や統合解析が可能になりました。共同開発者のDBCLS の大田達郎さん、九大の三浦史仁先生に感謝いたします。


「多細胞」(代表:沖)
2019〜2022年度

「生命と化学」(代表:本田)2020〜2022年度

代表:沖
2020〜2022年度
基盤B(代表:沖)2019〜2021年度
基盤B特設(代表:沖)2018〜2020年度
萌芽(代表:本田)2019〜2020年度
若手(代表:木村)2019〜2021年度